トップへ » 2人の認定医 » 副院長について » お世話になった矯正学講座

お世話になった矯正学講座

副院長私は新潟出身なのですが、歯医者という道を選んだのは、やはり父親が歯科医師だったということが大きいですね。父親が一般歯科の先生なので、私は別の分野から父をサポートできるように、と、矯正の道を選びました。

大学を卒業後、専門的に矯正を学ぶために、東京歯科大学千葉病院歯科矯正学講座に入局。当時の矯正学講座には優秀な先生・先輩たちが在籍し、矯正歯科治療について、イチから叩き込まれました(笑)。今でもたまに思い出すのですが、当時はとにかく勉強に勉強...。徹夜で勉強、早朝に帰宅し、次の日はまた朝7時に出勤といったハードな生活を続けました。

当時を振り返ると、本当に大変でしたが、いい環境で勉強できたなと思い、感謝の気持ちでいっぱいです。こうして今の私があるのは、当時の先輩・先生のおかげ。今でも時々、お世話になった方々とお会いすることも少なくありません。

これからも、リラックスできるご対応で、多くの患者さんに頼られる存在になりたいと思っています。こうした私たちの思いが、患者さんにも伝わっていければ、幸いですね。


トップへ » 2人の認定医 » 副院長について » お世話になった矯正学講座


コールバック予約