トップへ » 2人の認定医 » 治療の期間・流れって? » 矯正治療の流れについて

矯正治療の流れについて

矯正治療の流れ【1】 初診 約30〜60分(無料)
初診では、お口の中の写真撮影および歯並び・噛み合わせの診察をした後、患者さんご本人やご家族の方が気になることやご希望をお聞きし、撮影した写真をモニターでお見せしながら、矯正治療の流れや現在の状態、考えられる治療方針についてご説明させていただきます。

ちなみに、当院では初診カウンセリングは無料で行なっております。ぜひ、お気軽にご連絡をください。

無料カウンセリング受付フォームへ
下へ

【2】 精密検査 約30〜60分
現在の状態をよりくわしく把握するために精密検査を行います。精密検査では、実際の治療方針を決定するために必要な資料を集めます。

<検査内容>
X線撮影、歯型取り、写真撮影、虫歯検査、咬合(こうごう)診査、などを行います。

下へ

【3】 診断 約30〜60分
採った資料を元に現在の歯並びの状態、治療方針をご本人様に説明をさせて頂きます。使用する装置やその装置の効果、治療後の予測などについてご説明いたしますので、疑問点などはお気軽にご質問ください。

下へ

矯正治療の流れ【4】装置装着・調整
いよいよ矯正装置を装着し、歯を動かす治療がスタートします。装置の装着後は、通常3~4週間に1度の割合で来院していただき、調整いたします。治療中は虫歯や歯周病になりやすいため、お口の中の状態を見ながら、必要に応じてブラッシング指導やクリーニングを行います。
下へ

【5】保定治療
矯正装置が外れると、後戻りを防ぐために保定(メインテナンス期間)に入ります。保定装置と呼ばれる装置を装着し、歯並び、噛み合わせの安定を図ります。この時期になれば、来院は数か月に1回程度です。治療後の後戻りを防ぎ、全体が安定するまで経過をみていきます。


トップへ » 2人の認定医 » 治療の期間・流れって? » 矯正治療の流れについて


コールバック予約