トップへ » 矯正歯科の気になるギモン » 子どもの矯正ガイド » 治療の開始時期

治療の開始時期

一つの目安ですが、上下の前歯が生え変わる頃(7~8歳頃)です。しかし、歯並びやかみ合わせは一人ひとり異なり、最適な治療のタイミングは様々です。
早めに始めた方が良いお子さんもいれば、しばらく待ってから始めた方が良いお子さんもいらっしゃいます。
成長期のお子さんにとって、歯並びやかみ合わせの問題は外見的や機能的な問題だけでなく、虫歯にもなりやすく、顎の正常な成長を妨げ、悪い成長を助長することもあります。
そのため、問題がある場合は、早期に発見してなるべく早く問題を改善し、成長を正しい方向に誘導してあげる事が大切です。気になる事があればお気軽にご相談ください。


トップへ » 矯正歯科の気になるギモン » 子どもの矯正ガイド » 治療の開始時期


コールバック予約