トップへ » 矯正歯科の気になるギモン » 子どもの矯正ガイド

子供の矯正治療ガイド

子供の矯正治療ガイド矯正歯科にご相談にいらっしゃる方は、『歯並びは大丈夫なのか?』『どんな治療をする必要があるのだろう?』『痛みはどれくらいあるのだろう?』など、お子さんもご両親も不安が一杯でいらっしゃいます。

そんなご不安を解消するために、私たちはご両親だけでなく、お子さんも交えてお口の中の問題や考えられる治療方針などを分かりやすくご説明しております。

また、矯正治療を有意義なものにするためには、お子さんが楽しく治療を受けて頂くことが大切だと私達は考えております。定期的な通院や装置の使用には楽しさがないと、なかなか続かず、効果も思うように得られなくなってしまいます。そのため当院ではお子さんやご家族の方が来やすく、居心地の良い環境作りを心掛けております。

治療の開始時期

一つの目安ですが、上下の前歯が生え変わる頃(7~8歳頃)です。しかし、歯並びやかみ合わせは一人ひとり異なり、最適な治療のタイミングは様々です。
早めに始めた方が良いお子さんもいれば、しばらく待ってから始めた方が良いお子さんもいらっしゃいます。
成長期のお子さんにとって、歯並びやかみ合わせの問題は外見的や機能的な問題だけでなく、虫歯にもなりやすく、顎の正常な成長を妨げ、悪い成長を助長することもあります。
そのため、問題がある場合は、早期に発見してなるべく早く問題を改善し、成長を正しい方向に誘導してあげる事が大切です。気になる事があればお気軽にご相談ください。

治療のメリット

子供の矯正治療を行うことによって以下のようなメリットが得られます。

・歯を並べるための場所を確保できる
成長期の子供は骨が大人に比べると柔らかく、無理なく大人の歯のスペースを確保することが出来ます。歯を抜かなくても隙間を確保できる可能性が大きく上がります。
大人になってからの治療では同じようにはいきません。

・骨の成長を出来るだけ正常な状態へ戻すことができる
出っ歯や受け口などは骨格的な問題によることも多く、成人の場合には手術を必要とする患者さんもいます。成長の残された子供の時にアプローチすることが出来れば、骨格的な改善を図ることが可能になります。

・かみ合わせを悪くする因子を抑制・排除することが出来る
かみ合わせの悪い状態は病気と同じで、どんどん悪い状態になっていきます。それだけでなく、放置していると正常な成長を妨げ、新たな悪い状態を生むことにつながります。早めに改善することで、望まない成長を防ぎ、正常な成長に誘導することが出来ます。

・精神的なストレスを軽減することが出来る
歯並びや口元を気にしている方の中には、人前で思い切り笑えない等といったコンプレックスによる精神的なストレスを抱えている方が沢山いらっしゃいます。
矯正治療できれいな歯並びを得ることにより、健やかな精神発育を促します。

・大人の治療の難易度が下がります
子供の治療だけでも十分な患者さんはいらっしゃいますが、もし大人の治療が必要な方でも、治療の難易度を下げることにつながり、治療期間も短くなります。

虫歯からお子さんの歯を守るために・・

虫歯からお子さんの歯を守るために・・お子さんの歯は大人に比べると虫歯になりやすく、進行も早いと言われています。矯正治療中は、装置を装着しいているため、汚れが残りやすく、特に注意が必要です。

そのため、当院では歯ブラシ指導や定期的なクリーニングを行っております。大切なお子さんの歯を虫歯から守り、虫歯ゼロできれいな歯並びを得る事が、私たちのコンセプトです。

使用する装置について

使用する装置について大人の歯が生えそろっていない成長期の子供の矯正治療では、大人の矯正治療で使用するブラケットやワイヤーにより全体的に歯を動かしていくようなことはしません。
(部分的に使用することはあります)

主に取り外すことの出来る装置を使用しますが、様々なお口の中の問題に応じて、一人ひとり異なった装置を使用します。そのため、場合によっては固定式の装置を使用することもあります。

治療の流れについて

当院では子供の治療を、二期に分けて行っています(第一期:子供の歯が残っている時期、第二期:大人の歯が生えそろってから)。お子さんがどの時期にあたるのか、どのタイミングから始めたら良いか分からないといった場合は、お気軽にご相談ください。

治療の流れは、大人の治療と同じように資料採取→診断→治療開始・・と進んでいきます。
第一期で治療が終わる方もいらっしゃいますが、第二期に移る方は、改めてお口の中の状態を把握するために、診断を行います。この際、料金はかかりませんのでご安心ください。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。
② 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。
また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。
⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。
加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。
その場合、再治療等が必要になることがあります。
⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

関連ページリンク

arrow2人の日本矯正歯科学会認定医
院長について副院長について目立たない矯正装置とは?治療の期間・流れって?
費用のこと痛みの少ない治療って?抜歯について部分矯正とは?
矯正中の虫歯予防患者さんの生の声症例集

arrow矯正歯科の気になるギモン
子どもの矯正はコチラ!大人の矯正はコチラ!

arrow院内ツアー
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

無料カウンセリングを行なっています。

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 矯正歯科の気になるギモン » 子どもの矯正ガイド


コールバック予約