«  2012年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年11月27日

ご存知の方も多いかと思いますが、歯並びは「遺伝的な要素」が
影響を及ぼします。

特に強いのが「受け口(下顎前突または反対咬合)」です。

有名なのが「ハプスブルク家」で、家系図を辿っていくと多くの下顎前突の方が
存在します。
fotoc11_1.jpg

受け口の原因は歯の位置が問題になる場合や骨格的な問題と機能的な問題の
3つに分けられます。

いずれの場合も出来るだけ早めに改善することが非常に大切になります。

以前にも早期治療の話の中で少し触れましたが、成長期では、上顎の正常な発育が阻害されてしまい、逆に下顎の成長がますます促進されてしまう危険があるからです。

また、下顎の成長は身長は成長よりもピークが遅くやってくるので、そのまま何も
せずに改善するという事は考えにくいです。
成長曲線.PNGのサムネール画像
下顎は身長が伸びてくる小学校高学年頃からピークがやってきます

骨格的なズレが大きくなければ、数か月で改善するケースも少なくありませんので
もしお困りの方がいらっしゃれば、矯正専門のドクターへのご相談をお勧め致します。

早期治療の意味の話はコチラから

歯並びやかみ合わせの事でお困りの方はコチラから

2012年11月20日

お久しぶりです(^_^)副院長の阿部です。

少し前になりますが、以前私が勤めていた田中矯正歯科の皆さんがお忙しい中、
市川から遊びに来て下さいました。

田中矯正.JPG

3年と少しお手伝いさせて頂きましたが、たくさんのことを学び吸収させて頂きました。
院長は、大変面白く優秀な先生で私の尊敬する先生の一人です。

また、スタッフの方も皆親切で明るくアットホームなクリニックです。

こいずみ矯正歯科クリニックもそんなクリニックを目指しています(*^。^*)

歯並びやかみ合わせの事でお悩みの方はこちら

2012年11月17日

当院でもホワイトワイヤーの取り扱いがあります。

白.jpg

上顎に装着されているのが「ホワイトワイヤー」です。

下顎に装着されている金属のワイヤーに比べて、歯の色に馴染んでいるのが
お分かりになると思います。

装置だけをクローズアップした状態ですので、白くても装置がはっきり確認できると
思いますが、実際にはお口を開けたり閉じたりしていますし、気にして見ていないと
なかなか気付かないものです。

料金的にも裏側から矯正治療するよりもリーズナブルです。

ちなみに、全く見せたくないとお考えの方には、裏側矯正をお勧めしております。

相談時にも様々な装置をご覧頂けますので、お伝えください。

歯並びやかみ合わせの事でお悩みの方はコチラから

2012年11月 7日

前にも一度、ブライダル矯正について少しお伝えしたことが
ありました、今回が2回目です。

当院でも『ブライダル矯正』という言葉を使っていますが、一体どんな治療でしょうか?

結婚式までに、どんな歯並びも短期間で治ってしまう治療・・・
では決してありません。

勿論、様々な方法を使って治療期間を短縮することはできますが、それは
一般的な治療も同じことです。

どんな歯並びもしっかり治していくには、一定の期間がどうしても必要になります。

では、「ブライダル矯正」はどんな治療をしていくのでしょうか?

決して決まり事はないと思いますが、当院では結婚式当日に気になるところを
重点的に治療していく治療という意味で使っています。

結婚式当日までに治療が終わるようであれば、何も問題はありませんが、
終わらない場合も多々あります。

このような場合は気になるところを重点的に治療を進め、現在の状態を少しでも
改善し、当日には一時装置を除去するようにしています。

裏側から矯正していたり、目立たない矯正装置の場合は撤去する必要はないかも
しれません。

今まで気になっていた所が改善され、結婚式を迎えることが出来れば
気分よく当日を過ごすことが出来ると思います。

結婚式までの時間が多ければ多いほど、良い状態で迎えることが出来ますので
式の予定が立ったら出来るだけ早くご相談ください。

wedding_couple.png

「ブライダル矯正」について
歯並びや咬みあわせでお悩みの方はコチラから

2012年11月 4日

妊娠中にお薬を服用したり、レントゲンを撮ることは赤ちゃんにとって良くないと、
恐らく誰もが考えると思います。

矯正治療においても、抜歯が必要な場合は薬を服用することになりますし、レントゲンの
撮影も行います。

そのためか、『矯正治療中でも妊娠しても大丈夫ですか?』という質問はよく聞かれます。

結論からお話しすると、問題ありません。

dentist.jpg
実際に矯正治療中に妊娠したという患者さんは沢山いらっしゃいます。

しかし、全く気にしないで進められるという事ではありません。

薬に関しては、妊娠中は特に注意が必要です。

よほどの事がない限り、妊娠している時期には飲みたくないでしょうから、
当院では妊娠中に薬を飲まないで済むように、治療初期に行う外科的な処置が
終わるまで、妊娠を待ってもらうようにお願いしています。

レントゲンに関しては、歯科の場合は撮影部位が子宮から離れていますし、
被曝量も低く、胎児奇形の心配は、よほど特別な場合を除いてないものと
言われています。

しかし、こちらに関してもなるべく危険にさらさないように、治療に必要な
初診時のレントゲン以外は撮影しないようにしています。

また、妊娠は過度のストレスも避けたいところですので、長時間の診療は避け、
痛みなどに対してもケアしていければ、問題になる事はありません。

妊娠後期などは通院も思うようにできないという事もあると思います。

そのような時期は来院間隔をあけても問題ないように治療を計画して進めて
行きますが、その間に装置が取れないように注意して頂いたり、治療自体が
少し長引く事を理解して頂ければ問題になりません。

他にも妊娠中はホルモン関係でお口の中の環境が悪くなる危険がありますので
いつもよりケアが大切だったりと、注意することはありますが、矯正治療中の妊娠は
可能です。


矯正もしたいけど、結婚もしたいし、妊娠もしたいし・・という方。

良いじゃないですか、全部いっぺんに進めてしまいましょう。

可能な限り、私たちがサポート致します。
matu023.jpg

歯並びや咬みあわせの事でお悩みの方はコチラから

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

こいずみ矯正歯科クリニック 院長 小泉儀明

こいずみ矯正歯科クリニック
院長 小泉儀明

埼玉大学付属小学校
埼玉大学付属中学校
川越東高等学校
平成10年4月 東京歯科大学
平成16年3月 同大学卒業
平成16年4月 東京歯科大学千葉病院総合診療科
平成17年4月 東京歯科大学千葉病院歯科矯正学講座
東京歯科大学大学院歯学研究科
平成21年3月 東京歯科大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
平成21年4月 古賀矯正歯科クリニック 医局長

【所属学会】
日本矯正歯科学会(認定医)
東京矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本顎変形症学会
インコグニト認定ドクター
クリアライナー認定ドクター