«  2012年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年12月28日

今年も残すところ、あと僅かとなりました。

年内の診療は本日で終了となりました。

新年は5日(土)10:00から診療をスタート致します。

お休みの間、ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

なお、緊急でご連絡を希望される方はinfo@koizumi-kyousei.jpまで
メールでご連絡ください。

コチラからご連絡させて頂きますので、電話番号も入力してください。

来年も宜しくお願い致します。

歯並びやかみ合わせの事でお困りの方はコチラから

2012年12月19日

寒い日が続きますが、皆さんは体調を崩したりしていませんか?

この寒い季節に猛威をふるうのがインフルエンザですが、日本では12月から3月頃
流行するそうです。

その予防法はワクチン接種、手洗い、栄養摂取、湿度の保持など色々と挙げられますが、
数年前に「歯磨きがインフルエンザの予防になる」という情報が話題になりました。
img_30824_1_1.jpg
ヒーローは倒してくれません・・

何でも、お口の中の汚れは粘膜のたんぱく質を破壊する酵素を発生するため、ウイルスの
付着・増殖につながるそうです。
そのため、お口の中を清潔に保つことが予防につながるという事です。

まだまだ研究や調査が必要なようで、推奨するところまでには至っていないようです。

しかし、インフルエンザだけでなく、お口の中の健康は体の健康につながります。

毎日お風呂に入るように、歯磨きもきちんとするように頑張りましょう。

歯並びやかみ合わせでお悩みの方はコチラから

2012年12月11日

先日、イークライナーのセミナーに参加してきました。

大学の先輩である平岡先生と神崎先生のお話を聞かせて頂き、非常に
勉強になりました。

また、講演後は先生方に臨床やクリニックについてのアドバイスなども頂き、
有意義な時間を過ごすことが出来ました。

イークライナーは最新コンピュータシステム(CAD/CAM技術)を使用して、治療計画
および装置の作製を行います。クリアアライナーで必要とされた各ステップの型採りが
不要になりました。

患者様の診察ごとのコストや時間等のご負担を軽減しています。

どんな状態でもこれ一つで解決というわけにはいきませんが、有効な装置の
一つです。

御興味のある方は御相談下さい。

2012年12月 7日

先日、さいたま市内の幼稚園で講演会をさせて頂きました。

DSC03270.JPGのサムネール画像
テーマは「問題のある歯並び・咬みあわせについて」です

幼稚園に通っているお子さんたちは3~5歳位ですが、一般的に矯正治療を受けるには少し
早いと思います。(下顎前突の場合は3歳位から始める子もいます)

そのため、保護者の方々には、お子さんの口の中に関心を持っていただくように
お願いしています。

検診などで問題を指摘されたけど、何をしていいか分からない、どんな影響があるか
分からない・・といった方が非常に沢山いらっしゃいます。

こういった問題は私達歯科医師の責任でもあると思いますが・・

しっかりとお口の中がどうなっていて、問題があれば、どんな影響があるという事を
少しでも知っておいて頂ければ、適切な時期に矯正治療を始めることや、あらたな
問題を防ぐ事につながります。

問題を一度でも指摘された方は、一人で悩んだり、自己診断せずに、小学校に
上がる前に、矯正専門クリニックでの相談をお勧めします。

一度お話を聞ければ、安心するかもしれませんし、何をしたら良いのかも分かると
思います。

歯並びやかみ合わせの事でお悩みの方はコチラから

2012年12月 1日

問題になる歯並びの種類は色々とありますが、『上顎前突』は見つけやすい
種類の一つです。

上顎前突は一般的に「出っ歯」と呼ばれており、上顎の歯が下顎の歯に対して
前方に位置している状態です。
上顎前突.png

上顎前突も下顎前突と同じように歯の位置や状態による歯性のものと、骨格的に
上顎が下顎よりも前にある骨格性のものと二種類あります。
(下顎前突は機能性もあります。)

原因としては、遺伝的な事は勿論考えられるのですが、その他に生活習慣や癖などが
影響します。

歯並びを悪くする癖の事を「悪習癖」と言いますが、上顎前突を助長するものは
以下のものが挙げられます。

・指しゃぶり(長期)
・咬唇癖(下唇を咬む癖)
・異常嚥下癖(飲み込む際に舌が前に出る癖で開咬の原因にもなる)
・口呼吸                                          など・・

また、問題となる事は以下の事が考えられます。

・口元や顔立ちなど外見的な問題
・外傷を起こす可能性が高い
・咀嚼効率の低下
・口の中の乾燥状態(虫歯や歯周病になりやすい環境に・・)         など・・

治療方法は状態や原因にもよりますが、成人と子供とでは少し治療方法が異なります。

成人でも矯正治療により改善することは勿論できますが、成長が残されている
子供の時の方が選択肢も増えるので、非常に有利です。

今後も「問題になる歯並び」を紹介させていただく予定ですので参考にしてください。

歯並びやかみ合わせの事でお悩みの方はコチラから

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

こいずみ矯正歯科クリニック 院長 小泉儀明

こいずみ矯正歯科クリニック
院長 小泉儀明

埼玉大学付属小学校
埼玉大学付属中学校
川越東高等学校
平成10年4月 東京歯科大学
平成16年3月 同大学卒業
平成16年4月 東京歯科大学千葉病院総合診療科
平成17年4月 東京歯科大学千葉病院歯科矯正学講座
東京歯科大学大学院歯学研究科
平成21年3月 東京歯科大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
平成21年4月 古賀矯正歯科クリニック 医局長

【所属学会】
日本矯正歯科学会(認定医)
東京矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本顎変形症学会
インコグニト認定ドクター
クリアライナー認定ドクター