«  2013年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年1月22日

『最適な治療の開始時期はいつですか?』というご質問をよく受けます。

矯正治療は子供が受けるもの・・という考えは、まだあるかもしれませんが、最近では
20~30代だけでなく、上は60歳位まで矯正治療を希望される患者さんが増えています。

そのため、子供の治療と大人の治療によって最適と言える時期は少し違います。

今回は子供の治療の最適な治療の時期についてコメントさせて頂きます。

一つの目安ですが、上下の前歯が生え変わる頃(7~8歳頃)が良いとされています。

年齢的にも治療を受けられる、装置を使用できるようになってきますし、お口の中も
この時期になると将来的な状態を見ることが出来ると言われています。

しかし、歯並びやかみ合わせは一人ひとり異なり、最適な治療のタイミングは様々です。

早めに始めた方が良いお子さんもいれば、しばらく待ってから始めた方が良いお子さんも
いらっしゃいます。
c-06-024.jpg
歯科検診で指摘されたり、ご両親の遺伝があるかと気にされていたり、治療に関心を
持つタイミングは人それぞれです。

しかし、成長期のお子さんにとって、歯並びやかみ合わせの問題は外見的や機能的な
問題だけでなく、虫歯にもなりやすく、顎の正常な成長を妨げ、悪い成長を助長すること
もあります。

そのため、問題がある場合は、早期に発見してなるべく早く問題を改善し、成長を正しい
方向に誘導してあげる事が大切です。気になる事があればお気軽にご相談ください。

歯並びやかみ合わせでお悩みの方はコチラから

2013年1月12日

大人の歯は時に、通常とは違う場所に生えてくることがあります。

これは「異所萌出」といい、上顎の6歳臼歯や犬歯などに多くみられます。

生えてくるためのスペース不足など原因は色々と考えられます。

6歳臼歯の場合は前にある第二乳臼歯の根を溶かすように前に向かって生え、
結果として、かみ合わせのズレやほかの歯の生えてくるスペース不足を生みます。

異所萌出.jpg

こうなってしまうと、自然の回復は難しく、これによりさらなる悪化を生みます。

また、子供の歯を虫歯などで早期に失ってしまった場合も同じように、隣接する
大人の歯が、隙間に向かって傾斜してきてしまい、結果として同じような状態を
作り上げてしまうことになります。

もし子供の歯を早期に失ってしまうようなことがあれば、必ず後から生えてくる
大人の歯のスペースを確保する必要がありますので注意してください。

このようなことを知っているのと知らないのとで、後々のお子さんの歯並び・
かみ合わせは大きく変わってきます。

頭の片隅に残して頂けたらと思います。

歯並びやかみ合わせでお悩みの方はコチラから

2013年1月 9日

『良いかみ合わせ』とは一体どんな状態でしょうか?

凸凹がないきれいな歯並び、バランスよく歯が当たっている・・など色々と
ありますが、今回はその一つをご紹介しようと思います。

私達矯正科医が患者さんのお口の中を見るときに必ず見るポイントはいくつか
あるわけですが、その一つに『奥歯の前後的な位置関係』があります。

図1.png

上の図の赤い丸で囲まれたところに注目してください。

真ん中から数えて5番目の上の歯が下の歯の5番目と6番目の間に咬みこんでいるのが
分かりますでしょうか?

この状態が理想的なかみ合わせの位置です。

このとき、歯1本に対して2本の歯がかみ合わさっている状態でバランスよくかむことが
出来ます。
前後的にずれてくると1本に対して1本というかみ合わせになり、バランスが悪くなって
しまいます。

また、この状態で凸凹なくキレイな歯並びであれば前歯の関係も理想的な状態に
なります。
逆に、奥歯の位置関係がずれていれば、前歯の関係もそれに応じて変わります。
例えば、理想的な状態よりも上が前に位置していれば、出っ歯さんになると
いうわけです、分かりますでしょうか?

もちろん、この事だけ大丈夫であれば問題はないというわけではありませんが、
理想的な状態を知っていれば、悪い状態に早めに気づくことが出来ると思います。

困っていることがあればお気軽にご相談ください。

歯並びやかみ合わせでお困りの方はコチラから

2013年1月 5日

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今年の干支は「へび」です、豆知識ですが・・

獲物を丸呑みするというイメージがある蛇ですが、実は牙だけではなく、奥にも歯が
しっかりあるらしいです。

獲物を逃さないようにするために、あるようです。
1314.gif

動物たちにとって歯を失うことは、獲物を捕らえられなくなる、食べ物を食べられ
なくなる事になり、死につながります。

人間は入れ歯やインプラントなど技術の発達もあり、そんなことにはなりませんが、
自分の歯でいつまでも健康にいられるに越したことはありません。

今年も皆さんに、歯並びやかみ合わせの大切さを少しでも伝えられたらと思います。

歯並びやかみ合わせの事でお悩みの方はコチラから

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

こいずみ矯正歯科クリニック 院長 小泉儀明

こいずみ矯正歯科クリニック
院長 小泉儀明

埼玉大学付属小学校
埼玉大学付属中学校
川越東高等学校
平成10年4月 東京歯科大学
平成16年3月 同大学卒業
平成16年4月 東京歯科大学千葉病院総合診療科
平成17年4月 東京歯科大学千葉病院歯科矯正学講座
東京歯科大学大学院歯学研究科
平成21年3月 東京歯科大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
平成21年4月 古賀矯正歯科クリニック 医局長

【所属学会】
日本矯正歯科学会(認定医)
東京矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本顎変形症学会
インコグニト認定ドクター
クリアライナー認定ドクター